ふるさと納税の返礼品に8Kテレビの登場です。返礼品に多くの家電を揃えていることで有名な佐賀県みやき町は、2018年3月にシャープ(SHARP)製の70V型液晶テレビ「AQUOS LC-70X500」を用意しました。40型を超える大画面テレビは、4Kが主流でしたが昨年12月にシャープが民生用として世界で初めて同8Kテレビを販売、その価格は100万円を超えるものでした。昨年に総務省が全国の自治体に通知した返礼品の見直しで、高額の返礼品が廃止される流れの中での登場とあって注目が集まりそうです。時代は、フルハイビジョン(2K)から4Kへ、そして「究極の臨場感」が味わえると言われる8Kへ。2020年の東京オリンピックに向けていかがでしょうか。

※高額納税者向けの返礼品となります。4Kテレビも合わせて紹介していますので返礼品選びの参考にご覧ください。

4K超え!8K対応液晶テレビの魅力とテレビがもらえる自治体を紹介!

「4K」「8K」って何?

 8K映像とは、解像度が横7,680×縦4,320ピクセルの画素を持つ映像のことです。1キロ(K)=1,000とし、横方向の解像度が約8,000なので「8K」と呼んでいます。この画質に対応する放送が8K放送、テレビ受像機が8Kテレビです。4Kは横3,840×縦2,160ピクセルで「4K」、フルハイビジョン(フルHD)は1,920×1,080ピクセルで「2K」というわけです。つまり、フルHDの4倍の解像度が4K、16倍の解像度が8Kです。8Kは、家庭で実現できる「究極の映像の臨場感」を目指して開発されたテレビでこれ以上ないリアリティを味わえます。すぐに「16K」が出るんじゃないの?と勘ぐりたくなりますが、人間が感じることのできる臨場感が最大(裸眼で認識できる限界の画像)となるよう開発されたのが8Kなので、開発することがほぼ無意味な16Kが出ることはないと言われています。

東京オリンピック目指して!テレビ放送も8K化

2020年の東京オリンピックの競技を8Kテレビで視聴できるように衛星放送(BS・CS)やケーブルテレビで既に試験放送が始まっていて、2018年12月には8K実用放送が予定されています。8K実用放送は、BS(左旋)と110°CS(左旋)を用いる衛星放送のため、BS(左旋)と110°CS(左旋)が受信できるパラボラアンテナとチューナーが視聴に必要です。

今後の実用放送に関するスケジュールは、以下のページにてPDFで確認が可能です。

【参考】総務省 4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合(連絡会)配付資料

シャープ「LC-70X500」

 液晶テレビ「AQUOS」(アクオス)で有名なシャープは、2017年12月1日に世界初の家庭用8Kテレビを製品化しました。それが70型の8K液晶テレビ「LC-70X500」です。8K実用放送(2018年12月開始予定)に合わせて発売される「8K放送対応受信機(別売)」と接続することで8K放送が視聴可能になります。

※地上デジタル放送、4KコンテンツやBDソフトの映画などは、8K解像度にアップコンバートし楽しむことができます。

商品の詳細については、シャープのホームページをご覧ください。

シャープ 商品紹介ページ

佐賀県みやき町 8Kテレビはふるさとプレミアム限定!

 今回、いち早く佐賀県みやき町が8Kテレビを返礼品としました。こちらはふるさとプレミアム(ふるプレ)限定で申し込みが可能です。寄附金額は、2,320,000円と高額です。「LC-70X500」の販売価格最安値が約78万円(価格.com参照/2018年3月時点)で還元率は3割を少し上回っているのでお得な部類かと思います。ふるプレは、ふるさと納税サイトとしては後発組ながら、納税者にとってお得な自治体を厳選し提携しているので当サイトでおすすめしているサイトの一つです。「ジュエリー」や「家電」カテゴリがあったり、自治体と企画してこういったオリジナル返礼品が申し込めるのも魅力的です。昨年末あたりから提携自治体も一気に増えたのでぜひチェックしてください。

数量限定!2018年は、見直しによる高額返礼品の廃止も考えられるので申し込めるうちにしておきましょう。

佐賀県みやき町 8Kテレビの申し込み

その他、みやき町では、4K対応テレビやiPad、ロボット掃除機、空気清浄器などの家電が揃います。

佐賀県みやき町へのふるさと納税(ふるプレ)

ふるさとプレミアムについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考に。

「ふるさとプレミアム」の詳細記事へ

8Kテレビはないですが、その他の家電は「ふるなび」でも申し込み可能です。

佐賀県みやき町へのふるさと納税(ふるなび)

その他のお得な返礼品は、ふるさと納税特集ページにて