2017年(平成29年)4月に総務省より全国の自治体に通知された返礼品の見直し。商品券・旅行券・感謝券といった金券類や家電をはじめとする電化製品や家具、アクセサリー・時計といった装飾品など資産性や換金性が高いものについては、返礼品としないこと。また、全ての返礼品に対し、還元率を3割以内とすること。といった内容でした。これを受けた自治体の対応はどうなるのか?私も含め皆さんが気になる実施状況をふるさと納税で人気の自治体を中心にまとめました。すでに駆け込み寄付が始まっているように、2017年の申し込みは、見直し前に行った方が断然お得です。

ふるさと納税 3割へいつから実施?人気の自治体まとめ

気になる自治体の対応は?今後どうなる?ふるさと納税

 4月の通知を受けて全国の自治体は、既に対応済・今後で実施予定・しばらくは実施しないと対応はまちまちです。これに対し総務省は見直しを実施していない約200(一部の報道では100)の自治体に対し、2017年5月24日付で改めて通知を行い、6月上旬までに見直しの方針や方法など回答を求めました。通知に拘束力はないと言われていますが、見直しを行わない自治体に政府が圧力をかけている点からも実質、強制的と言えます。この夏を目途に多くの自治体が見直しを実施することになりそうです。ただ返礼率が落ちたことを理由に寄付をやめる人は少ないでしょうし、これがチャンスと規定に沿った魅力ある返礼品を充実させている自治体もあります。さとふるなどのポータルサイトで新たに寄付を募る自治体や返礼品を新たに加える自治体が増えています。納税者の1割程度しか行っていないと言われるふるさと納税、まだまだ伸びしろはありそうです。

自治体の参画、返礼品更新状況

見直し前と後ではこんなに違う!2017年の寄付はお早目に

 返礼率が5割程度あった返礼品が3割以下になることを考えるとその差は大きいですね。1万円で15kg貰えたお米が10kgになる、2万円の寄付で貰えていたものが3万円寄付しないと貰えなくなるわけです。高額納税者になればその差は歴然となります。「ふるさとチョイス」や「さとふる」といったポータルサイトから家電や一部の金券類が抹消されたように見直し後は選択すらできない返礼品もあります。毎年12月に寄付している方も今年は見直しがかかる前のお得な期間にぜひ行ってください。

■なくなってしまう可能性が高い返礼品

以下の品については、金銭に類似・換金性が高い・資産性が高いといった理由から返礼品リストから抹消されてしまう可能性が極めて高いものです。

(金銭に類似)
・商品券、プリペイドカード、電子マネー、ポイント、マイル、通信料金など

(資産性が高い)
・電化製品、家具、貴金属、宝飾品、時計、カメラ、ゴルフ用品、楽器、自転車など

既に見直し予定のある自治体一覧

 以下で紹介する見直し時期については、自治体が公表しているものですが、今後の方針により変更となる可能性があります。既に始まっている駆け込み寄付により見直し時期より前に品切れとなる場合もありますので目当ての返礼品がある場合は、申し込み可能な時に寄付を済ませるのが賢明です。

【最終更新日 2017年8月4日】

※今後で自治体を追加しますので定期的にチェックしてください。

2017年10月見直し予定

以下の自治体については9月までの寄付がお得です。

■群馬県吾妻郡草津町

日本一の温泉地「草津温泉」を有する草津町。草津町感謝券の還元率が5割から3割へ引き下げです。
草津町へのふるさと納税

■群馬県吾妻郡中之条町

四万・沢渡(さわたり)・六合(くに)など人気の温泉地を有する中之条町。中之条町感謝券の還元率が5割から3割へ引き下げです。
中之条町へのふるさと納税

中之条町の詳細はこちらの記事へ

■新潟県燕市

新潟県で人気No1。包丁やタンブラーなどの金属加工品、農作物がおすすめ返礼品!

燕市へのふるさと納税

■長野県諏訪市

セイコー(SEIKO)の腕時計や、エアコン「霧ケ峰」など16種類123品目の取り扱いを10月以降、中止します。

諏訪市へのふるさと納税

■福岡県久留米市

ブリヂストンの自転車が大人気。

久留米市へのふるさと納税

久留米市の詳細はこちらの記事へ

■長崎県佐世保市 2015年度寄付額全国6位

長崎和牛、海産物が人気!ハウステンボスへの旅行プラン、佐世保宿泊券も人気です。

佐世保市へのふるさと納税

佐世保市の詳細はこちらの記事へ

2018年に見直し予定

■長野県安曇野市

VAIOやEPSONのパソコンで人気の安曇野市は2018年3月までに見直し予定です。

安曇野市へのふるさと納税

安曇野市の詳細はこちらの記事へ

2017年7月までに見直し実施済

以下の自治体については既に見直しを行っています。

■北海道上士幌町

北海道の自治体の中でも格別人気の高い自治体です。

上士幌町へのふるさと納税

■山形県米沢市

「NEC LAVIE」や「Lenovo ThinkPad」シリーズの人気パソコンが7月末でなくなりました。また、その他の返礼品も10月以降、還元率が3割となります。

米沢市へのふるさと納税

米沢市の詳細はこちらの記事へ

■群馬県前橋市

タブレット端末「iPad」や自転車が貰えることで人気です。

前橋市へのふるさと納税

前橋市の詳細はこちらの記事へ

■長野県伊那市 家電をついに撤廃

多くの家電があることで、2016年度に76億円の寄付金を集めた長野県伊那市。家電を見直し対象から外していましたが、5月末をもって撤廃することになりました。

伊那市へのふるさと納税(※6/1をもって「ふるなび」から撤退)

■長野県小谷村

モンベルやコールマンといったアウトドア商品を購入できる商品券(オンラインポイント)を貰えることで人気です。7月以降、還元率が5割から3割以下へ引き下げです。(廃止にはならず、還元率を見直し継続するようです。)

小谷村へのふるさと納税

■静岡県焼津市 2015年度寄付額全国2位

時計やカメラをすでに返礼品リストから外した焼津市。今後、人気のマグロやカツオなどの海産物も7月をめどに見直し予定です。

焼津市へのふるさと納税

楽天ふるさと納税

焼津市の詳細はこちらの記事へ

■岡山県備前市

掃除機、タブレット端末などの電化製品や家具を7月末で見直し済。

備前市へのふるさと納税

■長崎県平戸市 2015年度寄付額全国7位

見直し前も3割半ばの返礼率なので、それほど大きな差はなさそうです。

平戸市へのふるさと納税

■宮崎県都城市 人気全国No.1の自治体

質の良い品と5~6割といった高い返礼率から2015年に寄付金42億円、2016年は73億円を集め、断突で全国1位となった都城市。残念ながら6月1日以降、見直し後の内容となります。

都城市へのふるさと納税

都城市の詳細はこちらの記事へ