全国の観光キャンペーンやふるさと納税、2017年度ふるさと旅行券(ふるさと割)やふくおか応援割、九州ふっこう割などお得な補助金・助成金情報をお届け!地方創生を応援しています。
  • HOME »
  • サイトについて

訪問ありがとうございます。

自己紹介

profile はじめまして、誠太郎(せいたろう)と申します。
京都在住、現在42歳。平成27年度、政府が実施していた「ふるさと割」、翌年の「九州ふっこう割」を特集したサイト運営をきっかけに、「地方創生」を応援しようと本ブログを始めました。文才はないですが、丁寧を心がけお送りしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

◆姉妹サイト『全国プレミアム付き宿泊券ナビ

おかげ様で多くのメディアに紹介・協力をさせていただいています。
(紹介)『雨上がりのAさんの話』/『す・またん!ZIP』など
(協力)『林先生が驚く 初耳学』/『真相報道バンキシャ!』など

 

サイトについて

当サイトは、生き生きとした日本を目指して地方の取り組みを応援しています。

chihou_sousei1

地方創生とは?なぜ必要なのか?

「地方創生」という言葉、よく聞きますよね。なんとなく耳障りの良い言葉、でも意味はよくわからない・・・そんな方も多いのではないでしょうか。実際、「地方創生」の明確な定義はありません。簡単に言えば、「地方を活性化させましょう!!」ということです。日本が豊かになるには、「地方が潤うこと。」これ必須です。単純にお金が集まるだけでなく、人が集まる、ずっとその地に住みたくなる、そんな地域づくりが必要です。

現在の日本は、若い世代が地方から東京に流れているため、人口が首都圏に集中しています。人口は増えているけど、合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子どもの平均数)は最低、出産年齢も一番高いのが東京です。つまり、若い人達が移り住むけど、なかなか子どもを産む(産みたい)環境にならないんですね。家賃も物価も高いし、結婚したら共働き、子どもができても保育園に入れるかどうかわからない、子どもはたくさん欲しくても決して歓迎できる環境ではありません。

少子高齢化が進む日本、これではダメだと国が「若い世代を地方に残そう、移そう」と本格的に動き出しています。とはいえ、「東京に出てくるな!ふるさとへ帰れ」と言ってても仕方ありません。当たり前ですが、東京以上の魅力的な何かがなくては人の心は掴めません。その「魅力」作りに地方が真剣に取り組むこと、それこそが「地方創生」の第1歩です。

当サイトは、そんな「地方の魅力」のアピールを支援するためのサイトです。主に観光情報を中心にお得な情報を合わせて発信しています。このサイトを通して、また行きたくなるような土地、住みたくなるような地域との出会いがあれば幸いです。

免責事項

当サイト内の全ての記事において、可能な限り正確にするよう努めておりますが、その内容を保証するものではございません。紹介している情報やサービスを参考・利用する場合は、公式サイトにて必ず確認をお願いいたします。また、当サイトで紹介しているサイトにおいていかなる被害を負っても当サイトでは責任を負えません。紹介しているサービスを利用する際は、自己責任のもとご利用くださいますようお願い申し上げます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.