北海道地震への観光支援策「復興割」についての特集ページです。2018年(平成30年)9月6日に厚真町にて震度7を観測した「北海道胆振東部地震」の影響より、北海道庁はその後に94万人以上の宿泊キャンセルが発生し、北海道全体の被害総額は292億円に及ぶとの推定値を発表しました。秋の観光シーズンを直撃したこの状況を受け、安倍首相は自民党総裁選後の記者会見で、北海道に観光客を呼び戻すため「熊本の時のようなふっこう割を実施する」ことを明言しました。すでに楽天トラベルでは、独自に「ふっこう応援クーポン」を配布していますので、ぜひこれらを利用して被災地を応援してください。

★10月22日より「楽天トラベル北海道ふっこう割クーポン」配布開始!!また、同日よりJAL、ANA、近畿日本ツーリストよりツアー販売開始です。クーポン情報及び、旅行会社情報は、以下のページで更新します!!

北海道ふっこう割 クーポン・ツアー発売予定

北海道胆振東部地震への観光支援補助金制度「ふっこう割」について

被災地への寄附にご協力ください。

北海道地震への寄附(ふるさと納税)

ふっこう割とはどんな制度??

 安倍首相が実施を明言した「ふっこう割」。熊本の時のようなとは、2016年4月に発生した熊本地震の時も同様に九州全土で宿泊キャンセルが発生したため、政府は九州への旅行に対して旅行代金の一部を割り引く「九州ふっこう割」を実施したことを指します。国の財源約180億円が投入され、熊本への旅行代金は最大7割引き(地域・旅行日によって割引率は異なる)になるというお得な制度でした。これにより全国から多くの観光客が九州を訪れ、復興に大きな役割を果たしました。じゃらんや楽天トラベル、JTBといった旅行予約サイトでの宿泊割引クーポンの配布や、ツアー商品の販売、コンビニで購入できる宿泊券など旅行者にとって利用しやすかったのも好評だった理由の一つです。

現在も実施されている「ふっこう割」があります。7月に発生した西日本豪雨の被災地への観光支援策「11府県ふっこう周遊割」がそれに当たります。被災地11県への宿泊代金を一人当たり最大6千円割り引く制度で多くの方が利用し、被災地を応援してくれています。(10月からは条件が緩和され、徳島県と香川県が追加されます。)

11府県ふっこう周遊割についてはこちらの記事へ

北海道ふっこう割はどうなる?いつ開始?

北海道ふっこう割は、10月1日から2019年3月末までの道内を周遊する旅行商品が対象です。補助率は、

・宿泊地が1ヶ所の場合、2万円を上限に1泊あたりの料金の50%
・宿泊地が2ヶ所の場合、3万円を上限に1泊あたりの料金の60%
・宿泊地が3ヶ所の場合、3万5千円を上限に1泊あたりの料金の70%

となり、いずれも3泊まで補助します。外国人旅行者は、宿泊地の数を問わず、1泊あたりの料金の70%を5泊まで補助します。「なんで日本人より外国人の方が優遇されているだ!!」という声が聞こえてきそうですが、いまや国内は復興が必要な地域ばかりで、訪日客がめっきり減っています。なので外国人が今までのように日本にきてお金を使ってくれる方が、経済的にも効果的という狙いもあり、外国人に手厚い制度となっています。

(割引例)
◆函館市(1泊)⇒室蘭市(1泊)⇒苫小牧市(1泊)でそれぞれ1万円のホテルに宿泊する場合

合計3万円の代金の70%にあたる21,000円の補助金となります。

対象エリアは、札幌市や函館市などはもちろん、「北海道全土」となります。11府県ふっこう周遊割は、2府県以上の周遊を補助金の条件にしたことから申請書類の提出が必要という少々面倒な手続きがありましたが、今回の北海道ふっこう割は単県への支援策なので、九州ふっこう割の時のような割引ツアーや宿泊クーポンなど旅行者にとって使いやすく、申請も必要ないものになるかと思います。予算は、北海道地震からの復旧・復興支援策として予備費153億円を計上しました。九州ふっこう割には及びませんが、11府県ふっこう周遊割よりもはるかに大きい金額なのでその効果にも期待が持てそうです。

気になるスタート時期ですが、西日本豪雨の際は、多くの府県の足並みを揃える必要があったため、被災からふっこう割開始まで約2ヶ月弱かかりました。政府は10月スタートを促していますが、旅行会社の商品企画、宿泊施設への周知などそれなりに準備が必要ですので、10月に準備ができた旅行会社よりスタートとなりそうです。楽天トラベルでは、さっそく10月1日にクーポン配布の予告がされています。中旬くらいには、ツアー商品などもそれなりに出揃うのではないでしょうか。

◆10月24日13時に第3弾スタートです!!
楽天トラベル 北海道ふっこう割クーポン

10月19日よりツアー商品が続々と販売されています。

その他の旅行会社の販売状況は、以下のページにて。第4弾情報も更新予定です。

北海道ふっこう割の予約 旅行会社&宿泊予約サイト一覧

★各地で豪雨や台風、大きな地震が続くなか、今回は北海道が被災地となりました。札幌の街がブラックアウトする映像が幾度となくメディアによって取り上げられて現地の様子が報道されていますが、9月28日現在、ほとんどのエリアで日常を取り戻しています。皆さんの旅行が支援の一歩となりますので、ぜひご活用ください。

以下に案内するクーポンは、政府が実施する補助金「ふっこう割」を活用したものではないのでご注意ください。

北海道復興応援クーポン 楽天トラベル

楽天トラベルでは、北海道での宿泊に使える最大2,000円割引、ツアーに使える最大2万円割引となる「北海道応援クーポン」を配布しています。

■宿泊用クーポン

【予約対象期間】
~2018年12月20日(木)

【宿泊対象期間】
2018年9月20日(木)~2019年1月6日(日)

北海道応援クーポン

■ツアー用クーポン

【予約対象期間】
~2018年10月1日(月)09:59

【宿泊対象期間】
2018年9月21日(金)〜12月20日(木)

北海道応援クーポン

★クーポン配布ページには、レンタカー用クーポンもあります。

じゃらん 北海道応援クーポン

じゃらんでも「北海道災害応援クーポン」の配布があります。その他にもツアー最大3万円割引クーポンもあるので、ぜひチェックしてください。

じゃらん北海道応援クーポン

※上記で紹介している「ふっこう割」を利用したクーポンではないのでご注意ください。

日本旅行の旅して応援割!ふっこう割ツアーも販売予定

 日本旅行では、すでに北海道ふっこう割への参加を表明していますが、それに先駆け、北海道への宿泊が一人当たり最大4,000円割引となる「応援割」を実施しています。ふっこう割を待てずに旅行予定がある方に最適です。

北海道応援割プラン一覧

JALやANAで復興応援!航空券が8割引以上お得に!ツアーも販売予定

JALやANAでも復興割が始まります。

詳しくは、こちらのページへ

13府県ふっこう周遊割・ふるさと割で地方を応援!

当サイトでは、西日本豪雨被災地(11府県に10月より徳島と香川が追加)へのふっこう割情報をお届け中!!

11府県ふっこう周遊割特集ページへ

また自治体の助成金を活用したクーポン、旅行会社が配布する宿泊クーポン、ふるさと割情報を更新していますので、旅行の前にはぜひチェックしてください。

furusato_couponlist