furunavi_furusato 2017年(平成29年)のおすすめのふるさと納税として返礼品に食事券(実際には券でなくポイントです…)が貰える自治体の紹介です。高級レストランで松阪牛や飛騨牛、常陸牛といった和牛を使った料理を最高の状態でいただけるというなんとも贅沢な返礼品が貰えるのは、松阪牛の産地「三重県明和町」と飛騨牛の産地「岐阜県池田町」です。ふるさと納税の老舗ポータルサイト「ふるなび」を通して、いずれかの自治体に寄付(ふるさと納税)することで、その返礼品としてグルメポイントを受け取り、後日その自治体とゆかりのあるレストランで食事を楽しみ、ポイントで支払いができるという仕組みです。都内(東京近郊)・横浜・名古屋・大阪の店舗がメインで参画しているので、神奈川や千葉、兵庫(神戸)・京都といった関東・関西周辺地域にお住まいの方にもおすすめです。平成28年7月に始まったサービスながら、既に多くのメディアや雑誌に掲載され、全国的に注目を集めています。

【重要】総務省は4月1日付で全国の自治体に対し、返礼品額の比率を寄付額の3割までとするよう要請する通知を行いました。これに従い、「ふるなびグルメポイント」も5月1日より寄付金に対して3割のポイントを付与することになりましたので、お知らせいたします。
返礼率変更のお知らせ・参画店舗の状況等

【追記】
・2016年11月 常陸牛の産地「茨城県古河市」が対象となりました。
・2016年12月 ふぐの産地「山口県山口市」が対象となりました。ふぐのコース料理が楽しめます。
・2017年9月 参画店舗が拡大し、神奈川県の川崎市や小田原市にあるお店でも利用可能となりました。

ふるさと納税(寄付)からレストランで食事するまでの流れ

1.返戻品の「ふるなびグルメポイント」って何?

furunavi_takamiふるさと納税専門サイト「ふるなび」からふるさと納税(寄付)を行う際、返礼品リストから特産品などを選ぶことになりますが、返礼品として「ふるなびグルメポイント」を指定できる自治体があります。これを選択すると寄付金額の3割のグルメポイントが貰えます。このポイントは後日、自治体とゆかりのあるいくつかのレストランからお店を選んで食事をした際の、支払いに利用できます。

例えば20,000円の寄付を行うと、ポイントは6,000pt貯まります。1pt=1円として利用可能です。寄付はクレジットカードのみとなりますが、早ければ即日ポイントが付与されます。ポイントに有効期限がないため、年末の駆け込みふるさと納税にもおすすめです。

《使えるお店の一例》
東京恵比寿にある本格鉄板焼きの人気店。
鉄板焼き 髙見

大阪市中央区本町にある大正3年創業の老舗。
日本料理・すきやき 江戸菊

その他のお店はこちらで確認

2.グルメポイント どんな人にオススメ?

◆東京、大阪、名古屋周辺にお住まいの方

選べるレストランが、東京・神奈川・大阪・名古屋の店舗からになるので、横浜や京都などその周辺にお住まいの方におすすめです。

(ちなみに私も利用しています。)

私も関西在住なので、大阪で一番店舗が充実している松阪牛の明和町に寄付して利用しています。私の場合、カード決済した数時間後にはポイントが反映していました。個人的にもたいへん嬉しいサービスです。

◆お肉は食べたいけど料理はしたくないという方

返礼品に和牛が選べる自治体は多いですが、自宅に届いたお肉を調理しなくてはなりません。失敗したら、せっかくの高価なお肉が台無しです。でもふるなびグルメポイントならその心配なし、プロが最高の状態で提供してくれます。

◆高額納税者

消費期限がある食品と違い有効期限がなく、予約さえ取れれば利用したいときに使えるので高額納税者がまとまった寄付をする際にもおすすめです。接待や付き合いで食事をする機会が多い方ならなお良いですね。部下や社員のため食事会を催したりするのも有意義な使い方です。

3.ふるなびグルメポイントが貰える自治体はどこ?

平成28年10月時点では、松阪牛の「三重県明和町」と飛騨牛の「岐阜県池田町」となっています。グルメポイントを受け取りたい場合は、さっそく寄付してみましょう。

三重県明和町への寄付はこちら

岐阜県池田町への寄付はこちら

※2016年11月、常陸牛の「茨城県古河市」も対象となりました。
※2016年12月、「山口県山口市」も対象となりました。ふぐ料理も楽しめます。

今後、参画する自治体が増えると思いますが、特産品は、料理店で利用されるほどのブランド力が必要ですので急激に増えたりということはなさそうです。

4.レストランを選択、実際に行ってみましょう。

furunavi_yoyakuポイントが貰えたら、希望する店舗・コースを電話にて予約。直接店舗に「ふるなびグルメポイントを使う」と伝えましょう。

「ふるなびポイントの利用申請」ボタンより、予約内容と利用するポイントを入力し、利用申請を行います。

あとはお店に行くだけです。精算時にはポイントが引かれています。

利用方法でつまずいたら、サポートデスクと問い合わせましょう。
(頼めば、お店の予約も行ってくれるそうです。)

利用までの流れの詳細はこちら

※寄付金控除上限額は事前に確認しておこう!!

控除上限額の目安を確認する

「ふるなび」は大まかな目安しか見れないので、より正確な控除上限額を知りたい方は、別のふるさと納税サイト「さとふる」でチェックしてください。私もシミュレーション時に利用しています。
※「さとふる」から両自治体への寄付はできません。

さとふるでさらに詳しくシミュレーションする

ふるなびグルメポイントをもっと知りたい場合は、こちらの記事へ